« カヤック@モントレー湾 | トップページ | 野菜たち »

Ubuntu日本語化 (8.04 AMD64)

諸事情により、普段使っているワークステーションをFedora 8からUbuntu 8.04に切り替えました。UbuntuはJapanese Teamにより日本語ローカライズドCDがリリースされていますが、対応しているのはi386版のみ。AMD64版をインストールしたので、以下の手順で日本語化しました。

  1. Ubuntu 8.04 AMD64版をインストールする。
  2. Japanese Teamのレポジトリを追加する。
  3. wget -q http://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
    sudo wget http://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/hardy.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list

  4. パッケージをアップデートする。
  5. sudo apt-get update
    sudo apt-get upgrade

  6. フォントなどをインストールする。
  7. sudo apt-get install scim-anthy ipamonafont

  8. 日本語パッケージをインストールする。もしかしたらこの時にscim-anthyとipamonafontもインストールされていたかも。
    1. メニューバーからSystem→Administration→Language Supportをクリックし、gnome-language-selectorを起動する。
    2. 「Japanese」を選択。「Enable support to enter complex characters」もクリックしてOK。
  9. 英語環境でも日本語入力ができるようにする。
  10. echo '/SupportedUnicodeLocales = en_US.UTF-8' >> ~/.scim/global

  11. IPA系フォントが汚いので、ビットマップフォントを無効にする。以下を/etc/fonts/fonts.confに追加し、fc-cache -fvを実効。
  12. <match target="font">
        <test name="family" compare="eq">
            <string>IPAMonaPGothic</string>
            <string>IPAMonaPMincho</string>
            <string>IPAPGothic</string>
            <string>IPAPMincho</string>
            <string>IPAGothic</string>
            <string>IPAMincho</string>
            <string>IPAUIGothic</string>
        </test>
        <edit name="embeddedbitmap" mode="assign">
            <bool>false</bool>
        </edit>
        <edit name="hinting">
            <bool>false</bool>
        </edit>
    </match>

    sudo fc-cache -fv

これとは別に、システムフォントもすべてIPA系に変更しました。とりあえず今のところはこれで何とかなってるようです。

|

« カヤック@モントレー湾 | トップページ | 野菜たち »

Geek」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009177/22399340

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu日本語化 (8.04 AMD64):

« カヤック@モントレー湾 | トップページ | 野菜たち »